なぜ少額融資には収入証明書類がいらないの?

金融機関の考え方

消費者金融は融資に関して寛容です。銀行であれば通らない審査でも、消費者金融であればOKということも少なくありません。

ですが、返済の可能性があるのかないのか、金融機関としても把握したいと思うものです。収入証明書類も求めない消費者金融の考え方はどうなっているのでしょう。

パートさんやアルバイターだってお金を借りたい

消費者金融の使命は、収入が少ない人にお金を貸すことです。雇用期間が短く、源泉徴収票が貰えるまで働かないこともあるパートやアルバイターも、消費者金融にとっては主要顧客なのです。

たとえ一人一人への融資額が少なくても、数多くの人に貸す事によって利益は出せます。ここが、銀行などとは基本的に戦略が違うところです。

銀行ではお断りされるような立場の人を受け入れる事によって、銀行と棲み分けが出来ているわけです。

将来顧客という考え方

パートやアルバイターだって、いつまでもその仕事を続けているとは限りません。正社員登用や転職によって収入が増えたとき、増枠によって貸出額の大きい優良顧客に変貌します。

そうなった時にカードを持っていて貰うことで、引き続き自社サービスを利用してもらうわけです。

そのために、収入証明書類を求めて審査ではじいてしまうと基本戦略が崩れてしまうわけです。


このページの先頭へ